相手が弁護士を立ててきた

投稿日:2017/11/08

十字路で追突事故を起こしてしまった私。私の方に一旦停止の表示があったという事で、全面的に自分が悪いという事は分かっていました。その為、すぐに警察に連絡をし、その上で保険会社にも連絡を入れたのでした。

自分自身の方は、軽いむち打ちの状態。相手の方もすぐに車を降り、体の状態を確認させてもらったのですが、交通事故ととは言え、十字路での車の接触事故と言う事で、相手の方もさほど、体に何らかのダメージを受けているという事はありませんでした。それでも、念のため、病院に行ってもらうようにお話をし、病院には保険会社の方から連絡を入れてもらう手続きを取ってもらったのでした。

その為、あとは保険会社同士でのやり取りで済ませる事ができると安心していたのですが、数日後、相手の弁護士と言う人から連絡が入り驚いたのです。

弁護士が言うには、事故によって仕事に支障が出た。その際の補償をしてもらいたいと言う事。すべて、保険会社にお願いしていると伝え、そのあとすぐに保険会社の方に連絡を入れた私。しかし、私の場合、弁護士費用特約と言ったものを付けていない為、保険会社の方では、弁護士を準備する事は出来ないと言われてしまったのです。それでも、紹介ぐらいはできると言う事で、交通事故に詳しい弁護士を紹介してもらい、間に入ってもらうことになりました。

お蔭で、相手の言う通りの補償を行わずに済み、費用は掛かりましたが、良かったと思っています。