最悪な連鎖して起きる交通事故

投稿日:2016/10/21

最悪な連鎖して起きる交通事故での2次被害を防いだりしていくためにも、道路交通法の72条にある運転者に対しての措置条項はとても大切なものである事とは思いますが、それでも実際にはその場所が、大きな高速道路や車線や幅が大きな国道や幹線道路とかでは、事故を起こしたりした加害者側であるドライバーが措置自体をとても行いにくいといった現状があります。そして、それを無理に加害者ドライバーがやろうとすると今度はその者が他の車両に跳ねられたり衝突事故などが起きたりして、かえって2次被害が出たり等々、様々な課題があります。

事故自体のケースによって

また、事故自体のケースによっては、引火性の強い車両が衝突などに巻き込まれ、積載をしていたその引火性のある燃料への着火が何らかの事情によりなされて、大爆発や大火災などを起こし、死傷者が一気に増えたりするようなケースなどもあったりします。

こうした事態なども実際にあったりしますので、事実として更なる運転者による交通事故においての措置についての具体的な特別法や規則などを、立法段階において編纂などをしようといったような試みとかもあるようです。それでもやはり、日々発達していくコンピューターや機械類のテクノロジーの進み具合に法の編纂自体もその分対応をしていかなくてはなりませんので、中々それらのペースに立法が追い付かないといった現実もあります。