一時停止の表示のない道路幅の違う交差点での交通事故

投稿日:2016/8/25

あまり整備されているとはいえない住宅街の中で道路幅が違うけれどどちらにも一時停止の表示のない交差点で接触事故を起こしてしまいました。こちらのほうが道路幅も広く交通量もある道路なのですが、私は普段から通りなれており、わき道からの飛び出しなどもある場所だと知っていたので一時停止してから左右を確認してから発進したのですが、右側から一時停止をせずに交差点に突っ込んできた車に右側の前方側面をぶつけられ大きく損傷しました。

一時停止の標識

一時停止の標識はないのですが、通りの状況を見ればあきらかに道路幅も違うのですが、このような状況だと過失割合は五分五分になってしまうのが一般的なのでしょうか。土地勘のない人が時々ひやりとするような運転をしているのに出くわしたことはこれまでも何度かあったのですが、幸い今まで交通事故に合ったことはありませんでしたが、近所では危ない交差点としてよく知られており、行政にも対応を働きかけているところなのだそうです。

車の損傷の度合いは私のほうがはるかに大きく、相手の飛び出しによる事故だと思うのですが、過失割合が五分五分というのは納得できない気がします。 ただ、お互いにけがもなかった点は不幸中の幸いだったのですが、こんな事故のケースを良く手がけている法律事務所を探しています。やはりプロの視点で判断してもらい、どれくらいの過失割合が妥当なのかを相談してみたいと思っています。