交通事故の直接の加害者以外も賠償責任を負う場合がある

投稿日:2016/8/25

交通事故により死傷した場合、被害者(遺族)は交通事故を起こした加害者に対して損害賠償を請求することができます。もっとも、加害者に資力があれば格別ですが、資力がない場合も考えられます。この場合、自賠責や保険で填補出来ればいいですが、被害が大きくなった場合、填補出来ないことも考えられます。このような場合、被害者(遺族)は何らかの手段を講じることは出来るのでしょうか。

会社への請求

仮に、加害者が勤めている会社の所有する車で業務中交通事故を起こしたのであれば、被害者(遺族)は、加害者の勤めている会社に対し、使用者責任に基づく損害賠償を請求することができます。もちろん、会社が加害者の選任・監督について相当の注意をした場合などがあれば、会社は損害賠償責任を負わないことになります。ただ、会社に対し使用者責任を追求できれば、賠償金を確実に回収できますから、このような方法があることを知っておいた方がいいでしょう。

このように、交通事故が起きた場合、事故の直接の加害者のみが責任を負うこともあれば、使用者など、事故の直接の加害者ではない人たちも損害賠償責任を負う可能性があります。交通事故の直接の加害者以外に対して損害賠償請求をするかどうかは、あくまでも被害者側のアクション次第ですから、気になる人は、弁護士などと相談して対処方針を考えた方がいいでしょう。