同乗者の賠償額が減額される場合もある

投稿日:2016/8/25

交通事故により同乗者がけがした場合、同乗者は、加害者に対して損害賠償請求をすることができます。このとき、仮に、同乗者の運転手に何らかの過失があった場合、加害者側から、同乗者の運転手の過失を主張して賠償額の減額を主張することはできるのでしょうか。

不法行為に基づく損害賠償制度の趣旨は、損害の公平な分担にありますから、場合によっては、運転手の過失を同乗者の過失として考慮して賠償額を減額することは許される余地はありそうです。かつては、同乗者の損害賠償請求について、運転手の過失があればそれを考慮して、同乗者の賠償額を減額する処理をすることがあったそうです。もっとも、何ら落ち度のない同乗者にとっては、運転手の過失によって賠償金が減額されるのは酷とも言えます。

同乗者の賠償金

今日では、運転手の過失があっても、直ちに同乗者の賠償金を減額するのではなく、運転手の過失について同乗者も何らか関与していた場合に同乗者の賠償金を減額することが多くなっているとのことです。例えば、同乗者が、運転手が道路交通法などの交通法規違反をしたことを知りながらそのまま運転させていた場合などがあれば、同乗者からの賠償金請求について減額されることになろうかと思われます。どの程度減額されるかは、事案によりますが、通常は賠償額の1~2割程度減額されることが多いそうです。

同乗者が、交通事故による損害賠償請求を考える場合、運転手の過失及びそれに関与した度合いなども考慮する必要があります。もし不明な点がありましたら、交通事故に関する多数の判例や裁判例を知っている弁護士などの専門家に相談することを勧めます。