過失相殺される場合もある

投稿日:2016/8/25

交通事故により死傷した場合、被害者(遺族)は加害者に対して損害賠償請求をすることができますが、交通事故の一因に被害者も関与していた場合、過失相殺により賠償額が減額される場合があります。民法では、被害者に過失がある場合、裁判所は過失相殺をすることを認めています。不法行為に基づく損害賠償請求制度の趣旨は、損害の公平な分担にあります。被害者側も過失により損害発生に寄与していた場合、被害者の過失を考慮することは損害の公平な分担の趣旨に合致するといえます。

過失相殺の対象となる被害者の過失としては、飲酒運転、スマートフォンの操作をしながらの運転、ヘルメットの不着用やシートベルトの不着用な様々なものがあります。被害者側の事情が、道路交通法などの交通法規違反であれば、過失相殺される可能性が高くなるのではと思われます。

自賠責の賠償金の算定

また、自賠責における賠償金の算定における過失相殺と裁判による過失相殺は重なる部分もありますが、両者はそれぞれ別個の運用をしていますから、自賠責の賠償金算定において被害者の過失が考慮されなかった場合でも、裁判における賠償金算定において被害者の過失が考慮される場合もあります。

過失相殺に関するその他の問題として、過失割合があります。過失割合については、個々の事案により変わってきますが、多数の判例や裁判例が蓄積されていますから、損害賠償について弁護士に相談すれば、ある程度の相場を知ることができると思います。